2020/05/31 21:28

明日から

「全国一斉悪疫退散祈願 Cheer up!花火プロジェクト」

がスタートします!


コロナウィルス感染拡大の収束を願って、

全国約160の花火業者が、各地で一斉に花火を

打ち上げる企画です。


「花火でコロナ疲れを吹き飛ばして、明日への希望を持ってほしい」

との願いが込められています。


実はこれと同じ想いで生まれたのが、

花火大会で使用する「玉皮」から作られた

ペンダントライト「祈火-inoribi-」です。



「未来のために今を頑張ろう・・」という願いを形として残したい。

先の見えにくい未来を、少しでも明るく照らしたい。

そんな想いから「祈火-inoribi-」は生まれました。


玉皮を初めて見る方も多いのはないでしょうか。

玉皮は花火の火薬を入れるための器であり、花火大会に欠かせない道具。

フォルムはとてもきれいな球体をしています。



その半球をランプシェードにし、真鍮製のソケットを付けました。

半球から漏れる光は、花火のように華々しくなくとも、家をそっと明るく照らし、

眺めることで明日の活力になればと願っております。



玉皮は制作の趣旨に賛同いただいた株式会社フーゲツ様よりご提供いただきました。

段ボール古紙をプレス形成したエコ素材であり、

古いものをデザインの力で蘇らせる「アップサイクル」

の理念に通じるアイテムです。


カラーはナチュラルの1種類のみ。

素材感・風合いをシンプルに伝えたいと思っています。



サイズは3複数(L/M/S)をご用意。

リビングのメインランプとして、またはダイニングキッチンに多灯で吊るすなど、

様々な部屋のシチュエーションに溶け込みます。


※売上金の一部を「なにわ淀川花火大会」に寄付させていただきます。